健康的な妊娠をするために夫婦でした9つの事

私達夫婦は決して適齢期(20代)で子供を授かる訳ではなかったので、健康的に妊娠するよう夫婦になる前から努力していました。

ダイエットコーチと名乗っていますが、ホームページを見ていただいても分かるように、私の思いは「食事改善して健康な人を増やす事」なので、ダイエットのその先に健康があるので、ダイエットコーチをしております(^^)

と言う事で今回は私達が実践した健康の話です。

年齢で言うと、
主人 42歳
私 31歳
決して早い結婚とは言えず、周りからは
「2年くらいは努力しなきゃいけないかもね〜」
と言われて(脅されて)いました!笑
主人は元々、お義母さんが健康的食事を出していてくれた事もあり、健康そのもの!見た目も若々しい人でしたが、やはり実年齢はごまかせませんからね!

取り組み
①主人がお酒を辞める
元々飲み会に行った時しか飲む人ではありませんでしたが、私がアルコールアレルギーなのを知り(私は体内にアルコールが入ったり、注射のアルコール消毒でも皮膚に発疹が出る体質)、主人も結婚3ヶ月前からアルコールを口にしなくなりました。
これは今も継続中してくれています。

②主人が食事改善して7㎏痩せる
そんなに太ってはいませんでしたし、食事改善ダイエットに取り組んだ訳ではありませんでしたが、私と生活していたら、五行食や野菜たっぷりの料理となり、勝手に痩せました。

③夫婦でファスティングに取り組む
目的はデトックスです。あまり悪い物は2人とも元々口にしていませんでしたが、それでもやはりたまっていると思い、結婚前にファスティングにチャレンジ!
まぁ、宿便が沢山出ましたね!

④チェーン店での外食を控える
添加物などが気になるので、主人がもともと好きではありまんでした。2人で外食をする時はなるべく個人店でこだわりがありそうな所を選んでいました。

⑤私は5年前から体質改善(食と水分)
25歳より以前はダイエット!はしていましたが、健康には気を使わず無理な痩せ方をして生理痛や冷え性が特に酷かったです。
栄養、水分摂取を見直し、少しずつ体質や食事改善していきました。

⑥薬を飲まない、注射をしない
家系的に陰陽五行でいうと「金(白)」が弱い所を引き継いでおり、すぐに喉から風邪をひき、よく注射を打っておりました。
18歳を過ぎた頃から注射前には必ず
「妊娠してないよね?」
と聞かれていたので、かなりキツイ注射だったのだと思います。
食事改善生活に気をつけ始めてからは、そもそも病気にならなくなったので、医者に行かなくなりました。

⑦ケンカをしない
これは食の事ではありませんが、相手への思いやり、感謝を常に忘れず、またそれを口にして伝える、態度で示す事をする事で、出会って約2年間一度もケンカをしておりません。
親しき仲にも礼儀あり!
夫婦だから言わなくても伝わる!
は間違いだと思っており、夫婦だからこそ1番分かり合いたいのて伝える!
を心掛けております。

⑧なるべく同じ時間を過ごす
離婚理由で1番多いのが、「すれ違い」
コレが分かっていたので、なるべく同じ時間を過ごすよう、仕事をセーブしたり、仕組みを変えたりしました。またお互いのためになる打ち合わせは同行したり、してもらったり。
出産後もコレが出来るように事業主と言う選択をしました。

⑨頑張らない
仕事も子供も授かる事においても、頑張る!とストレスになるので、自然の流れに任せておりました。
仕事も好きな時に好きな方の依頼のみを受ける。無理してまでは稼がない。
子供も半年〜1年くらいは気持ちを大らかに持って待つ。
焦らなかったのが良かったようです。

以上の事に取り組んだ結果、結婚1ヶ月で私達の元に子供がやってきてくれました。
上記9つの事は今も継続中なので、お陰様でつわりもなく、精神不安もなく臨月ギリギリまで仕事ができており、むしろお陰様でお問い合わせも沢山いただいておりセーブさせていただいているくらいです。
有り難い事です。

今回は食事の改善ダイエットネタではありませんでしたが、健康には全ての事を活かせると思います(^^)
皆様が健やかに過ごせますように☆

今後の講座日程はこちらから>>

dauga_pre